宮崎県後期高齢者医療広域連合が療養費支給申請書点検業務を外部委託をします。

平成28年4月より宮崎県後期高齢者医療広域連合が、療養費支給申請書の内容点検と施術を受けた被保険者への施術状況の照会業務を「株式会社メディブレーン」へ委託することになりました。

 

被保険者照会の主な選定対象は

 ①多部位負傷(3部位以上)施術の申請書

 ②長期継続(3か月を超える期間)施術の申請書

 ③頻回傾向(1月あたり10~15回以上が継続する傾向がある場合)施術の申請書

 ④被保険者からの通知によるもの(日数の水増しや、一部負担金の不適切な徴収等)

 

 

これにより、申請書の内容点検や被保険者への照会結果により疑義が生じた場合は委託業者より事実確認の連絡があることもあります。日頃から施術録の整理や、患者様に照会が来た場合に間違った回答をしないよう、しっかりと施術の内容を伝えていきましょう。